TOP > ネットショップ
FAX注文用紙ダウンロード
  • 店舗ご案内
  • 通信販売について
  • 送料について
  • 迷子メール
  • 迷子メール




ミニボート

大郷屋店内ボートコーナー

ジョイクラフト フィッシャーマンズスペシャル ジョイクラフトボート ニューフリードJFR-315W フットエレキの使えるゴムボート
OZATOYAあんしんエンジンサポート 中古ボート・中古船外機 買い取りサービス

ミニボート

ボート船体 ボート船外機セット 特価ボート 船外機・エレキ ボートパーツ
メンテナンスパーツ/法定備品 魚群探知機/GPS フローター
ゴムボート

ゴムボートは軽くて持ち運びに優れています。収納や手入れも簡単で、今まで以上にフィッシングの幅を広げてくれます。

船外機を装着出来るタイプから手漕ぎでのんびり出来る物まで種類も豊富です。

ゴムボート 走行動画 ゴムボート 選び方 ゴムボート 予備知識
FRPボート

ゴムボートに比べて頑丈で半永久定期に乗れる。風に強く走波性が高い!スペースが広いFRPボート。艤装で自分好みのボートにもできます。

分割タイプなら車載も可能です!

FRPボート 走行動画 FRPボート 選び方 FRPボート 予備知識

ミニボートのあれこれ

ゴムボートとは?

ゴムボートと一般的に呼称されていますが、インフレータブルボートの1ジャンルになります。
ですが、ここでは一般的なゴムボートとして記載します。
ゴムボートは、合成繊維(ポリエステルやナイロン)布に繊維の目を塞ぐための合成ゴム(ハイパロン、エコストロン)やPVC(ポリ塩化ビニール)を幾重にも張り合わせたチューブを本体に用いたもので、 この中の合成ゴムのものが厳密にはゴムボートとなりアキレスボートが販売しています。またPVCを用いたものはPVCボートと呼ばれこれはジョイクラフト、ゼファーボートが製造しているものです。
一般に合成ゴム製のゴムボートは布がしなやかで且つ丈夫に出来また気温変化等にも強く出来ています。
対してPVDは耐摩耗性に優れ、コストも安価に出来ますが気温の変化によって硬さが変わります。
これらの素材で出来たチューブを使います。
次に船底ですがこちらは主に4種類
現在一番人気と言えるのがエアフロアと呼ばれるもので通常のチューブの圧力より更に倍近い空気を入れて硬くした板状のチューブを用います。利点としては軽く、収納しやすくいことが利点ですが反面、 釣りには注意が必要でハリ、ナイフを落とした場合穴が開く事がありますそれらを防ぐ為に上にカーペットや板を敷く工夫をされている方も居られます。
次に通常イメージされる物が合板に耐水加工を施した物やアルミ板を用いたものです、利点はやはり足元がシッカリとしておりとがった物でもキズ程度で済みます。 ただしエアフロアに対して重く収納がし難い事が難点です。
また高速艇に使われるのがFRP(繊維強化プラスチック)がそのまま船底の形状となったもの。折り畳みは出来ず通常膨らませたまま収納、移動となります。
以上を使い製造されるのがゴムボート(インフレータブル)ボートです。

FRPボートとは?

船体がガラス繊維と樹脂から出来ており、一体型・分割型のボートの事をいいます。
FRPボートはゴムボートに比べると組み立て・持ち運びが大変ですが、ワゴン車ならば、ちょっと加工したルーフキャリアを使えば、持ち運びが簡単にできわざわざ解体・組み立ての手間も省けます。
海上での安定性はゴムボートに劣りますが、風に流されにくく走破性は高いです。
孔開け加工がし易いので、竿たてなどを取り付けたり艤装はしやすくなっています。

FRPボート分割型 FRPボート一体型
FRPボート分割型 FRPボート一体型

船舶検査・船舶免許

ミニボートに関する船舶検査とは?
船舶検査を受けなければならないボートセットは、「船の長さが3mを超えるボート」又は、「最大出力1500kwを越えるエンジン」どちらかが該当するようであれば船舶検査を受けなければなりません。
ほとんどの2馬力エンジンの最大出力は1450kwが中心ですので、2馬力エンジンなら問題ございません。
ボートの長さの出し方は「全長×0.9=長さ」全長3.33mのボートであれば長さは2.997mですので問題ありません。

予備検査とは?
船舶検査を受けようとするボート及びエンジンには必ず必要です。
エンジンの予備検査は必ず付いてあるのが普通です。
ボートに関しては、長さが3m以下のボートには予備検査の有無を購入時に選ぶのが普通です。
ご注意!
予備検査の付いていないボートを、後々予備検査を付けようとする場合はとても面倒な状況になることがございます。
各地域の小型船舶機構の判断によるものですが、成績表等の書類が必要となり当店のようなボートショップに問い合わせがありますが、まずメーカーが書類は出していただけない事の方が多いとお考え下さい。

船舶免許について
通常エンジン付ボートを乗船する場合は船舶免許は必要ですが例外もあります。
ボートが長さ3m未満及びエンジンが1500kw以下のものであれば、船舶免許を取得する必要はありません。
釣具同様、購入後すぐにもご使用いただけます。

船舶検査の種類
[定期検査]
初めて船舶を航行させる時又は船舶検査証書の有効期間が満了した時に受ける精密な検査。
[中間検査]
定期検査と定期検査との間に受ける簡単な検査で船舶の用途等により実施時期が異なる。
[臨時検査]
改造、修理又は設備の新替え等(船の長さ、幅、深さの変更、舵の改造、主機の交換、備品の交換、海難や火災で船の機能が変わる修理)を行った時に受ける検査。
船舶の航行区域、最大とう載人員等船舶検査証書に記載された航行上の条件を変更する時や、船舶検査手帳に指定された臨時検査の時期が来た時に受ける。
[臨時航行]
船舶検査証書の交付を受けていない船舶を臨時に航行させる時(検査等の為の回航、試運転等により止むを得ず臨時に航行させる場合)に受ける検査。
[書換検査]
所有者、定係港、船名等の検査証の内容を変更する際に受ける検査。
[再交付申請]
船舶検査証、船舶検査手帳、船舶検査済票を再交付する。
[返納申請]
船舶検査証、船舶検査手帳、船舶検査済票(破れても良い)を返納、廃船時。
[一般の小型船舶]
定期検査(有効期限6年)
中間検査(有効期限3年)

インフレータブルボート(ゴムボート)選び方のポイント

自分のスタイルに合ったゴムボートを
ここでは、釣具店として釣りのスタイルを考慮した選び方をご紹介します。

1.まずは収納方法と保管場所の確保です。
FRPボートと違い保管場所の確保にさほど苦労はしませんがゴムボートと船外機、あと備品もとなると面積の合計で、ほぼ1畳のスペースが必要で、かつゴムボートを長持ちさせるには直射日光による紫外線があたらず、高温多湿を避けられる場所が一番です。また、ネズミには気をつけてください、保管中に齧られ大穴を開けられます。

2.動力の有無「手漕ぎボートかパワーボート(船外機付)」か
●手漕ぎのゴムボートなら
浜辺のキス釣り、アオリ、磯釣りでの磯渡り、湖沼ではへら、バスフィッシング
船外機が無い、トランサム(船外機の設置部分)が無い分、軽量で収納スペースが小さくて済みます。4人乗りでおよそ半畳有れば収まります。
なお、軽量の1馬力船外機と手漕ぎボートに船外機を設置できる船外機マウントでパワーボートに出来る機種もあります。
こちらと合わせると移動は楽でトランサム付のパワーボートよりは軽量です。ただしパワー、スピードは望めません。

●パワーボート(2馬力未満)免許不要艇
港湾内餌釣り、ルアー、湖のバス、ボートワカサギ
船外機が付くことで機動性は格段にあがります。また2馬力1.5kw未満で船の長さ3m未満のものであれば船検とボート免許不要です。
ただし行動できる範囲は安全の為、手漕ぎで陸に戻れる範囲までをお薦めします。
1馬力に比べると格段に行動範囲が広がり、遊べる釣りも増えます。手漕ぎボートで楽しめる釣りに加え、ルアーシーバス、エギング、ベイジギング、えさ釣り、イカ釣り(上記行動範囲内に限る)などがあります。

●パワーボート(2.1馬力以上)要免許ボート
船種、免許の種類などにもよりますが航行できる区域は
・全ての平水区域
・任意の海岸から3~5海里
です。
こちらはかなり用途が広がります。
上記2馬力艇の釣りに加え、港湾外の釣り。流行の鉛スッテのイカ釣り、フカセ釣りなどの船の餌釣り、ジギング、ビックレイクのバス、トラウトトローリング
ただし、重量が増え価格も上がり、又運搬器具など付属品が不可欠です。

3.何人で使用するのか
釣りの場合は釣り道具を一緒に乗せることとなります。
通常何人で使用するのか、ゲストの可能性はあるのか等考慮します。
人数の目安は性能表記の2分の1とすると快適に使用できます。

●1人での釣行ならば性能表示3人以下で十分です。
大きさの目安は全長300cm以下
ただし、陸上での運搬を考慮する必要があります。ドーリーの付くタイプや運搬器具を持っていれば装備も一緒に運べ便利ですが、ない場合はボートを担ぐこととなりますので30kgまでが理想です。
また免許不要艇なら移動は船外機は1~2馬力又はエレキモーターでも十分です。
例)
ジョイクラフト…手漕ぎボート(KE3-AK/TR2-VK)・パワーボート(ワンダーマグ242/GRID-240/JET-225)他
ゼファーボート…手漕ぎボート(ZR220RDX-H/ZR265N)・パワーボート(ZA230-H/ZPL250LightDX-H)他
アキレスボート…手漕ぎボート(EC2-521/ECU2-921)・パワーボート(LT-4/ LSI-230/LSI-260/PVL-260SL)他

●2人での釣行ならば性能表示が3人以上が最低限の目安です。
陸上での運搬も2人なら持ち運びも楽で、ドーリーを使用すれば更に楽になります。
大きさの目安は全長270cm以上、333cm以上だと更に快適ですが免許が必要となります。
船外機は免許不要艇なら2馬力、免許をお持ちであれば2馬力以上をお薦めします。
例:
ジョイクラフト…手漕ぎボート(KE4-AK2/TR4-VK2)・パワーボート(JEX-305/ オレンジペコ300/レッドキャップ315/ワンダーマグ272/KAYAK340※表記は2人乗りです)
ゼファーボート…手漕ぎボート(ZE275DX-H/ZR265RDX-H/ZK380-H)・パワーボート(ZPV300-H/ZPL295DX-H/ZPL295LightDX-H/ZA295-H)他
アキレスボート…手漕ぎボート(EC4-942/ECU4-942/EZ4-942/PV4-542)・パワーボート(LF-297WB,IB /PV-300VIB,VLT)

●3人での釣行となると厳しくなりますが性能表示が5人乗り以上で全幅130cm以上が最低限の目安です。前方のシートに2人、後に1人の搭乗配置となり前方の2人はチューブの上に半分腰掛ける形となります。
よって、キャスト(投げ)を伴う釣りは危険です。
例)
ジョイクラフト…手漕ぎボート(GU-313) パワーボート(JES-336/FREED 333V/JEF-380以上)
ゼファーボート…手漕ぎボート(ZE325DX2-H/ZE295DX-H/ZR330RDX-H) パワーボート(ZPS333R-H/ZPL325DX-H)他
アキレスボート…

●4人以上での釣りの使用はほぼ無理です、しいてあげるならば3.5m~4m台のもの
こちらは、キャスト(投げ)を伴う釣りは危険なためできません。
例:
ジョイクラフト…パワーボート(JES-404/JES-383/JEF-405/JEX-365)他
ゼファーボート…パワーボート(ZPS380-A)

船外機は3人以上での利用では、2馬力以下では厳しいものがあります。免許をお持ちであれば5馬力以上の船外機での利用をお薦めします。ただしオーバーパワーにならないようボートの仕様に注意して下さい。
記載しましたボートの例は目安です表記以上の大きさのボートでも可能ですが膨らませた後の運搬の方法や重量などに気をつけてください。

人数を先ず基本に次に用途を検討して下さい。
釣りに限った選択法です他、留意すべき点あります。
ご不明な点はお問合せ下さい。
maile:info@ozatoya.co.jp
tell:0749-62-5365

FRPミニボートの購入前に選び方のポイント

第1に手漕ぎボートかパワーボートかの選択がありますが、どちらにも共通するFRPミニボートのご購入の前に確認していただきたいこととしてご案内いたします。

1.収納スペースの確保。
希望のボートの収納時のサイズを確認し収納保管場所が確保できるかを検討して下さい。ボートを立てる、寝かせる方法は色々あります。ゴムボートと違い耐候性に優れているので屋外での保管が可能です、そのスペースが確保できるかから始まります。
また、ちょっと贅沢ですがFRPボートの場合マリーナや駐艇場など船を保管してくれる所と契約することも選択肢です。

2.現場への移動、運搬方法の確保。
ゴムボートと違いFRPボートは準備、片づけが楽ですそれは、膨らませるなどの作業が少なく、せいぜいパーツをセットするなどで済むからです。ですがゴムボートに比べ大きく又重量もあります。ゴムボートのように一人で車載するのは道具が無ければ困難ですのでそれらの確保が必要となります。
まず、移動方法として
また、移動にはトレーラーか車載ということになりますが、工業素材としては軽量ですがヤハリ1艇40kg前後する重量物を車の屋根に載せるのは厳しいものがあります。そのために様々な道具などが販売されていますので、それらも考慮しながら購入を検討することとなります。
ただしFRPボートにも解決策があり、スペース確保の難点を改善したのが折りたたみ式ボートです。
折りたたみ式ボートは、ボートを2分割または3分割でき、使用時にはボルトや専用の器具で繋ぎ合わせるものです。
つなぎ合わせる部分は器具だけでなくFRPの形状も繋ぎ合わせるよう出来ており剛性の強さも合間って非常に丈夫に出来ます。
この分割の機能を使えば3メートルのボートでも軽トラックやワゴンに乗せられるくらいにコンパクトになります。(例外もあります事前にご使用の車の積載箇所のサイズとボートの収納時のサイズを確認して下さい。)

3.水面への移動とエントリーの方法
現場についてからが水面への移動です。トレーラーに積載しそのままエントリーできるような場所(スロープ、浜辺)であれば楽ですが、大半が車又はトレーラーから降ろしセッティング。水面までキャリーなどで手押しとなることと思います。このキャリーについても様々な方法が有り船体トランサム周りに設置するドーリー、船体を載せるキャリーなどです。これらはゴムボートでもFRPボートでも今や安全に使用する単に不可欠のものです。

以上が主なFRPミニボートの選択の基準です。

FRPミニボート予備知識

FRPボートの素材はガラス繊維を不飽和ポリエステル樹脂で固めたFRPという強化プラスチックの一種です。アルミなどに比べて軽量に出来、かつ強度が保つことが出来、経年による劣化も少なく耐久性にすぐれています。
ただし、ゴムボートと比べると素材自体の重量は大きく同サイズのゴムボートと比べると重くなります。
ですが、その強度は魅力で、剛性が強いため走波性もよく、走行時の船体の変形等がおこりにくくなっています。
強度に優れるFRPですが、プラスティックの特性として穴あけなどの加工がしやすくボートカスタムを楽しむことが出来ます。ただし、多くの加工はボート本体の強度が落ちることとなりますので注意が必要です。
またお客様から頂くお問合せに不沈構造についてのお問合せが御座います。
最近のFRPミニ・ボートには船体に浮力体を備えるなどされており万一、浸水しても十分な浮力を確保できるような「不沈構造」となっています。よって、大きな破損や浮力体自体の破損、重量のオーバーなどが無ければ沈没することはほぼ無いと思います。
長く使い続けることが出来かつ自分のスタイルに合わせる事が出来る、愛着を持って使い続けるボート、それがFRPボートの最大の魅力です。

商品検索条件指定

キーワード指定

会員情報

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 
特価、セール品ご案内 今月の特価ボート 余呉湖ワカサギ釣果情報
釣種で探す
大郷屋 ミニボート 大郷屋 海上釣堀用品 ロッドビルドパーツ
ジャンルで探す わかさぎ釣り用品 鮎友釣り用品 小鮎釣用品 バスフィッシング用品 レイクトローリング用品 鯉釣り用品
特集ご案内 特価情報 新商品予約 店舗入荷情報 ラッピングサービス 中古ボート よくあるご質問
OZATOYAメンバーズポイントについて 佐川急便 B-LAKES MARINE 大郷屋ブログ